エステサロンの脱毛

自己処理、医療機関と来て、3つ目に登場するのはエステサロンでの脱毛についてです。
エステサロンでの脱毛方法は「ワックス」「ニードル」「フラッシュ」「IPL」「光」「プラズマ」などです。レーザーはエステサロンでは使用が許可されていません。レーザーが許可されているのは医療機関のみです。
これらの中でエステサロンで主に使われているのがフラッシュ脱毛ですね。フラッシュ脱毛はレーザーと同じ原理で熱により毛根を焼き消滅させるものです。医療機関でのレーザーより弱いエネルギーを照射させるので安全性は高いです。しかし、やはり弱い分効果は薄くなります。1,2カ月に1回、5〜6回の照射が必要です。
さらに、終了したとしてもホルモンバランスの乱れなど体の変化が原因となって再び発毛する場合もあります。エステサロンでの脱毛は永久脱毛というイメージがありますが、完全な永久脱毛ではありません。そこのところはしっかり理解しておく必要があります。
IPL脱毛はインテルス・パルス・ライトという光を照射させるものでフラッシュとほとんど同じものです。光脱毛は白色ランプから出るさまざまな波長の光をフィルターにかけ、ムダ毛の処理に適した光を集めて毛根を消滅させます。
プラズマ脱毛はキセノンフラッシュ光線と特殊偏光フィルムによって作られたビームで毛根を消滅させます。フラッシュ・IPL・光・プラズマ、まあ、どれもレーザーを応用したようなものですね。
サロンによって使っているマシン名はさまざまですが、どれも名称が違うだけで内容は同じです。カッコイイ名称だからと言って特別な機械ではありません。