レーザービームは使い分ける

さて、もう少し深くレーザー脱毛についてお勉強しておきましょう。
レーザー脱毛にはアレキサンドライト・ダイオード・ヤグの3種類がありますが、脱毛はメラニンに反応する強さが一番重要なので、3つの中ではアレキサンドライトが最も適していると言われています。しかし、アレキサンドライトにも弱点があり、産毛や白髪・細い毛はメラニンが薄いため脱毛出来ないのです。
そんな場合に使えるのがダイオードです。アレキサンドライトより若干メラニンへの反応は薄いのですが、波長が長めなので毛根の深くまで熱が届き、白髪や産毛の脱毛が可能です。アレキサンドライトの補助役として活用されるケースが多いですね。
では、ヤグはどんな場合に使われるのでしょう。ヤグは色素(メラニン)の濃い部分の脱毛に使われます。色素の濃い部分にアレキサンドライトのようなレーザーを当ててしまうと、毛根以外の皮膚にも熱を照射させてしまい、火傷などのダメージを与えてしまいます。そのため、色黒の人や乳輪、肛門付近などにはヤグが適しているのです。ヤグは深いところまで熱が届くという性質も持っているため、男性のヒゲなどの根深い毛の脱毛にも適しています。部位によって適しているレーザーも異なってきます。
この辺を上手く使い分けている医療機関は優秀だと言えます。反対にどんな部位でも同じレーザーを使っているクリニックや病院はいまいち信用出来ませんね。ご注意ください。