医療機関での脱毛方法

クリニックなどの医療機関での脱毛方法にはいくつか種類があります。
細い針を毛穴に刺して一本一本電気で焼いていく「ニードル脱毛(電気脱毛)」。毛根のメラニンに反応する特殊な熱によって毛包を焼く「レーザー脱毛」。レーザーと原理は同じですが波長の違う「フラッシュ脱毛」。レーザーやフラッシュに高周波を組み合わせた「複合機脱毛」が主な脱毛法ですね。
ニードル脱毛は昔からある方法ですが、痛みがひどく時間もかかるため現在ではほとんど使われていません。使うとしても、レーザーとかで脱毛しても、どうしても残ってしまう頑固な毛の脱毛に使われるくらいです。
医療機関でもっとも使われるのはレーザー脱毛です。やっぱり一回数分の短時間の照射と数回で終了という手軽さ、加えて高い効果が魅力的ですからね。
医療機関でのレーザー脱毛器はほぼ
「アレキサンドライトレーザー(755nm)」
「ダイオードレーザー(800~810nm)」
「ヤグレーザー(1064nm)」
の3つのどれかを使っています。名称の後ろに付いている数字は波長の長さを表しています。波長の長さによってメラニンに対する反応の強さと、熱が届く深さが変わってきます。
メラニンに対する反応はアレキサンドライトが最も強く、ダイオード→ヤグと弱まっていきます。
反対に熱が届く深さはヤグが最も深く、ダイオード→アレキサンドライトとなります。
医療機関によって使っているレーザーは違うので気になるようであれば医師に聞いてみて下さい