家庭用脱毛器ってどうなの?

では、家庭用レーザーはどうなのでしょう?
最近は機能の優れた家庭用のレーザー脱毛器が数万円ほどの低価格で販売されています。自宅で好きな時に処理出来るのでとても便利ですね。カミソリのようなリスクも少ないです。家庭用脱毛器にはレーザータイプとフラッシュタイプの2つの種類があります。どちらも構造は一緒で毛根を破壊するものです。サロンや医療機関で使われている脱毛器と原理も構造も一緒です。
しかし、数万円で売られている家庭用脱毛器は医療用のものと比べ、出力は1000分の1程度です。すなわち、医療機関で両脇の脱毛をした場合、だいたい両脇で3分、合計5回程度で脱毛が終了するところを、家庭用脱毛器で行うとその1000倍の時間と回数がかかると言うことになります。毎日30分レーザーをあてても1年以上かかるという計算になります。根気よく頑張れる方はそれでも良いのでしょうが、普通に考えると面倒ですよね。時間と労力を考えるとサロンや医療機関に行った方が安上がりかもしれません。
もう少し値段の高い数十万の家庭用脱毛器であれば、レーザーの出力が同じくらいのものも家庭用であります。しかし、設備の整ったところで専門の技術者によって行うのではなく、素人の自分で行うのでかなり危険な行為とも言えます。
そう考えると医療機関やサロンで処理するのが一番コストパフォーマンスも良く、安全な処理法かもしれませんね。