自己処理は危険がいっぱい

「脱毛クリーム」と聞くとクリームというイメージから肌に優しい感じがしますが、これもまたカミソリ処理と同様に肌にダメージを与えてしまいます。
脱毛クリームはアルカリ性になっていて、その作用でたんぱく質が成分となっている毛を溶かします。クリームは毛根の奥まで入り込んで溶かすので、カミソリ処理のように毛の断面が見えることも無くキレイに仕上がります。しかし、肌もタンパク質で出来ています。そのため個人により差はありますが肌も溶けてしまうことがあります。
肌が溶けてしまった結果、火傷のように赤みを帯びたりヒリヒリ痛んだりすることなどの症状が現れます。この状態で日焼け止めクリームやアルコールを含んだ化粧水などを塗ってしまうとさらに悪化することも。けっして肌に優しいとは言えませんね。

「脱毛テープやワックス」も肌にダメージを与えやすく思えますが、以外にも毛にくっつきやすく肌にはくっつきにくいという特性を持っています。そのため肌トラブルは起きにくいですが、毛を一気に引き抜くので毛穴に刺激を与えてしまい毛穴に炎症を起こしてしまうことがあります。
他にも常にテープやワックスを使っていると毛穴が常に開いた状態になってしまい、かえって毛穴が目立ってブツブツした表面になってしまうこともあります。こうなってしまうとサロンなどの専門機関で脱毛してもブツブツは取れません。怖いですね〜。